株式会社CXメディカルジャパン

お電話でのお問い合わせ 03-5298-5313 受付時間 平日 9:00~17:30
MENU
HOME > コラム本文 > 1.機器と医薬品の作用機序の違いは?

1.機器と医薬品の作用機序の違いは?

医薬品というのは、まず、体内に吸収されて薬肝臓等で代謝を受けて、患部へ、例えば心臓に行ったり、肺に行ったり、脳に運ばれたりするわけですが、薬というのは、もともとヒトにとって異物なので肝臓等で解毒作用を受けると、わずかな有効成分しか患部に届きません。

一方で、それらは患部だけではなく正常な組織に対してもその有効成分の主作用が副作用という形で影響が出てきます。それに比べ医療機器というのは、主に患部のみを物理的に直接治療することから、医薬品のようにターゲット外の組織に作用することはないわけです。

そして、医療機器は本来治療効果を期待できることが前提であり患者のQOL(Quality of Life)の改善を目指すものが多いという特徴があります。

 

2.医薬品と医療機器の開発環境・市場の違いは?

お電話でのお問い合わせ 03-5298-5313 受付時間 平日 9:00~17:30